MENU

 あの出会いがそもそもの間違いの始まりだったのかもしれないって思ってます。
小さい頃からよく一緒に遊んでいた幼馴染みと、高校生のとき偶然出会ってしまったんです。
久しぶりだったからとっても懐かしくって、その場で随分長い間立ち話しちゃってました。
見た目は昔からそこそこ良かった彼は、高校生になってからは結構イケメンって言う雰囲気が漂っていたんです。
だけどやっぱりどこか遊んでいるな、そんな印象も強くありました。
それでも、昔なじみだから懐かしくっていろいろ話しているうちに、今度食事にでもいこうよって誘われたんです。
古くから知っている人だったし、安心感もあったからすぐにそれに返事しちゃったんですよね。
それからその人と食事に出かけていろいろ昔話なんかして、とっても楽しい時間を過ごすことができたんです。
そしたら今度は映画とか行かない?なんて誘ってくるんです。
「今みたいやつがあってさぁ、1人じゃつまんないんだよね」
こんな誘い文句で、私もその映画は見たかったですから付き合うことにしたんです。
映画を観た後はレストランに入って、あのシーンがどうだなんて話合っちゃって盛り上がっていきました。
一緒にいると楽しいな、そう思わせるような相手だったんです。
だから誘いがあると断ることもせずに、一緒に遊びに出かけたりするような関係になっていきました。
ある時カラオケに出かけたんだけど、やっぱり歌って盛り上がってくると気分だって変わってきちゃいますよね。
「俺とつき合わない?」

そんな彼の口説き文句に頷いてしまったんです。
こうして幼馴染みとのつき合いが始まっていきました。
もちろんですけれど、一緒にいる時間てとっても楽しくてときめくし、彼氏もできたから嬉しくてしかたがなかったんです。